他業種からシステムエンジニアになるには

他業種からシステムエンジニアを目指す場合、知識も技術もない段階から始めることになります。

そのため、まずは知識と技術の両方を身に付けるところから始めましょう。

その際には独学する手もありますが、未経験の状態から勉強を始めるのはどうしても効率が悪くなりがちです。

したがって、スクールに通う方が無難であり、未経験者はまずシステムエンジニアではなくプログラマーからスタートするのがおすすめだと言えます。

システムエンジニアは、システム構築が主な仕事です。

上流工程に携わることが多く、クライアントとの打ち合わせで設計図を作成したり、プログラマーに作業を依頼したりします。

依頼をするにあたっては、プログラマーの仕事内容を詳しく理解しておく必要があるでしょう。

しかし、他業種ではプログラマーと接する機会がほとんどないので、プログラマーの具体的な仕事内容はわかりません。

そこでまずは自分がプログラマーになり、具体的な作業内容を把握したうえで、キャリアアップでシステムエンジニアを目指すのが最適です。

また、システムエンジニアを募集している会社の中には、まったくの未経験でも問題ないところもあります。

というのも、IT業界は人材が不足している業界として知られており、人材を待つよりも育ててしまおうという傾向がよく見受けられるのです。

他業種から転職し、未経験でシステムエンジニアを始めたい場合には、そうした研修制度が整っている会社を見つけると良いでしょう。